HOME>トピックス>出産内祝いの選び方としては相手を思う気持ちが一番大事になってくる

残るか消えるか

内祝い

お祝いを頂いたのなら、出産内祝いでは『もらって嬉しい』と言われる品々を検討しましょう。お祝い金を包むのも、赤ちゃんのために使って欲しい気持ちが含まれていて、ママやパパにとっては『頂いて助かる』と言う言葉が出るはずです。ですから、相手にも同じような意味で内祝いを選びましょう。金額の目安は頂いたお祝い金の半分程度で、できるならば、長く使える品あるいは消耗品であるのが望ましいでしょう。残るものと残らないもの、予算によっては食べ物の方が見栄えがするかもしれません。

名入れという品選び

出産内祝いの基準となるのは、誕生したことの報告も兼ねていることでもあるため、できるなら、赤ちゃんの名入れ商品を選ぶことに尽きるでしょう。加えて、お名前の読みが難しいのならば、ふりがな付きであることで印象深いものになります。

建前と礼儀を知ろう

親戚や友人、さらに会社の同僚などから出産のお祝いを頂いたのなら、出産内祝いのギフトは親しいのならば、何が欲しいか聞いてから贈るのがいいでしょう。また、大勢(同僚)からであれば、職場で分けられる食品などがいいでしょう。一人当たりの金額に悩むこともあるでしょうが、大切なのは気持ちです。『お礼は気にしないで』という人であれば、お礼状に赤ちゃんのオリジナルのフォトカードを付けたものだけでも構わないので贈っておきましょう。

広告募集中