出産の内祝いはいつのタイミングで渡すべき?

赤ちゃんが生まれてから1か月くらいに贈るのが一般的です。遅くなった場合でも2か月経つ前には贈るようにしましょう。

喜ばれる出産祝いとは

金額の目安はいくらくらいですか。

いただいた金額の半分程度を予算にして送りますが、おすそ分けの意味があるので金額が少なくても問題ありません。

食品は避けた方がいいですか。

焼き菓子や紅茶、お米など日持ちするものを選べば誰にでも喜んでもらえます。生ものや好みのあるものは避けましょう。

高いアイテムを購入してもいいですか。

自分では買わないブランド物を送っても問題ありません。高すぎないものにならないように気をつけましょう。

消耗品を贈るのは失礼ですか。

洗剤やタオルなど誰もが使うものも喜ばれます。誰でも使えるように無香料や白のものを選ぶと失敗しません。

カタログギフトは贈ってもいいですか。

ギフト券を返すと現金をもらったように感じる人もいるので、贈り物に困ったらカタログギフトを贈っても問題ありません。

お母さんと赤ちゃんに贈るプレゼント

ベビー用品

友達や親戚、親しい間柄の人に赤ちゃんが生まれた時、出産祝いのプレゼントを贈る事があるでしょう。 出産祝いに贈るものはどんなものが良いか悩む場面が多いです。何を贈ったら喜んでもらえるのか考えてしまいます。 親しい友達なら5千円から1万円位、親戚兄弟なら1万円から3万円位を目安にプレゼントを贈りましょう。あまり高価な物は相手にも気を使わせてしまうので注意しましょう。出産祝いが実用的でオシャレな物なら貰ってうれしいはずです。せっかくのプレゼントがもらっても趣味に合わず、使わないのはもったいない事です。親しい間柄なら欲しい物を聞いてみるのも良い方法です。男の子、女の子を問わず使える物を贈るのも良いでしょう。 出産祝いを贈るタイミングとしては、誕生して1週間後位から1ヶ月位の間がベストです。生まれてすぐにはお母さんにも余裕がなく負担も増えるので、出産後落ち着いた1週間後からの方が喜ばれます。

もらってうれしいプレゼント

ギフトを持つ女性

出産祝いを贈る時、相手がもらってうれしい物を贈りたいですね。使いやすく、なおかつオシャレなら持っていてもウキウキします。赤ちゃんに安心して使える物が一番大切です。 ベビーウエアを贈るのも多いでしょう。肌に優しい素材を使ったウエアがおすすめです。オーガニックコットンなどの天然素材100%の素材を使った商品を贈ると喜ばれます。サイズも60㎝から70㎝のサイズにすれば長く着る事ができます。大体生まれて半年後位のサイズなので、その時期の季節に合わせて贈ります。

実用的なプレゼントもgood

ベビー服

せっかくなら喜んでもらえる出産祝いのプレゼントを贈りたいですよね。日常的に使える食器やオムツなら出産祝いにもらってうれしいはずです。オムツは消耗品なのでありがたいし、食器も離乳食が始まる時に必要になります。食器は赤ちゃんが使いやすく壊れにくいものを選びましょう。 赤ちゃんのおもちゃも喜ばれます。音のなるおもちゃや木製のおもちゃなど種類も豊富です。赤ちゃんが口につけても安全な素材を選んで贈るのも大切です。 赤ちゃんだけでなく、お母さんにも出産祝いを贈ってあげると喜んでもらえるでしょう。出産後のボディケアも大事です。頑張ったお母さんに体をいたわるアイテムをプレゼントしてはどうでしょうか。

広告募集中